大田別ノート

物部厨どもが夢、それとも幻。

古墳


国神神社と椀貸山古墳

国神神社


babf74cb

福井県坂井市丸岡町石城戸町に鎮座する国神神社。延喜式神名帳の越前国坂井郡に、「国神神社」がみえます。
2009年のゴールデンウィークのときの写真です。
『式内社調査報告』を見ると、旧社地は現在の丸岡城の地にあり、城の築造によって現在地へ移転してきたという話が載っていました。丸岡城からは、150mほどの距離でしょうか。近いです。

12f0d44d

祭神は、椀子(まろこ)皇子。継体天皇が倭姫(三尾君堅の娘)との間にもうけた皇子と『日本書紀』にあり、三国公氏の祖とされます。
三国は越前国坂井郡一帯で、まさに当地の豪族の始祖ですね。
ほかに、継体天皇の母・振媛命と、継体天皇の五代前の先祖・応神天皇が配祀されます。

f647e0be

椀子皇子が祭神に比定されたのは、丸岡という地名が椀子に似ているためというのもあるようです。
社名が「国神」なので、本来は国津神か、もしくは国魂神を祀っていたのかもしれません。

大きくて特徴的な幹の木もありました。

8dbdd34c


椀貸山古墳

坂井市丸岡町坪江の椀貸山古墳です。
国神神社からは北へ4kmほど、もう少しであわら市に入るという場所です。現在は某社工場の敷地内になっており、門の外からでも、まるんとした後円部が見えます。

174e411e

横山古墳群を構成する一基。
墳丘全長42m、後円部径28mの前方後円墳で、前方部を北に向けています。周濠を持つといいますが、田地化や工業用地化を経て、今ではかつての面影はないようです。
二段築成の墳丘だそうですが、見た目にはよくわかりませんでした。

283e685e

主体部に片袖式の横穴式石室を持ち、後円部中央から西側のくびれ部に向かって開口していたらしいです。
今は埋め戻されて、石室内部を見ることはできません。奥壁に赤色顔料の塗られた、石屋形があるといいます。

65d58769

古墳の名称は、椀貸し伝説があることによります。石室内に土器が残っていて、それを見た人でもいたのでしょうか。
また、椀子皇子の墳墓とする説もあるようです。
三国氏ゆかりの地域の有力古墳であるだけでなく、時代的にも六世紀前半ころの築造で、皇子の世代をあてるに矛盾はないようです。

8cba55f1

継体天皇の母・振媛の出自を三尾氏にあてる説があります。そうすると、継体は母の一族から稚子媛(若比売)と倭媛のふたりを娶っていることになります。三尾氏には本拠地を越前とする説、近江とする説がありますが、いずれにせよ、継体にとって勢力の足元を固める婚姻ということになります。
倭媛との結婚も、尾張氏など他の地域の妻妾よりも早く、若いころのもので、椀子皇子も継体の皇子女たちのなかでは年長の部類に入るのかもしれません。

墳丘上の様子。

704a4b70


初出:「国神神社と椀貸山古墳」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51922014.html 2011年04月16日

羽咋神社

羽咋神社

350297db

石川県羽咋市川原町に鎮座する羽咋神社。延喜式神名帳の能登国羽咋郡に羽咋神社があります。
参拝したのは2009年のゴールデンウィークのことです。
先に羽咋駅前から気多大社へ行き、戻ってきてから徒歩で向かいました。

7c2dfb7c

祭神は石撞別命。
相殿に石城別命と弟苅幡刀弁命が祀られます。

磐衝別命は垂仁天皇の皇子で、その出生については日本書紀の垂仁三十四年春三月条に逸話が載っています。
山城国へ行幸した天皇は側近の者から、山背大国不遅のむすめで綺戸辺という美人がいることを聞き、矛を使った占いをして吉兆と出たので、綺戸辺と召して後宮に入れた。彼女が磐衝別命を生み、その後裔が三尾氏である。
というものです。

古事記でも、石衝別王は、山代の大国之淵のむすめである弟苅羽田刀弁を母として生まれた垂仁天皇の皇子で、羽咋君氏と三尾君氏の祖であるといいます。

磐衝別命は天皇に即位しない、いわば傍流の皇子ということになります。日本書紀のような、出自を逸話をまじえて説明する記述のされ方は、やや特殊です。(仲哀天皇の母の両道入姫命も綺戸辺を母とするが、この文中には磐衝別命しか登場しない)

この特殊さを説明すると思われるのが、釈日本紀が引く上宮記、継体天皇の系譜を明らかにした部分です。
継体天皇の母・振媛(布利比弥命)は伊久牟尼利比古大王(垂仁天皇)の七世孫とされ、両者を繋ぐ系譜のなかに、「伊波都久和希」や「伊波智和希」がみえます。「磐衝別」とその子の「磐城別」を指すものと見られています。
つまり、日本書紀は継体天皇との関わりで、磐衝別命の母についての話を採用したと考えられそうです。
また、磐城別(石城別王)については、景行紀に三尾氏の祖とみえ、妹の水歯郎女が天皇妃となり、五百野皇女を生んだとあります。

ちなみに先代旧事本紀(天皇本紀)は、記紀の所伝に反し、丹波道主王のむすめの真砥野媛を磐撞別の母とします。
綺戸辺自体の存在が無かったことにされていますから、適当にそれ以外の妃の子にあてられてしまったものでしょうか。
国造本紀には羽咋国造がみえ、三尾君の祖の石撞別命の子の石城別王を国造に定めたといいます。ただし補任の時期は雄略朝とあり、景行天皇の時代に活躍したとされる磐城別とは時期が合いません。なんらかの混乱があるようです。

これらの史料によると、石撞別命と石城別命は、越前国坂井郡水尾郷などを拠点とし六呂瀬山古墳群など古墳時代前期から後期まで有力な古墳を築き続けた福井平野の勢力=三尾君の始祖であると同時に、羽咋君=羽咋国造の祖でもあることがわかります。
羽咋神社は、この地域で最も有力な勢力をほこった国造一族の奉斎によるものと見てよいでしょう。

面白いことに、神社の境内には、石撞別命と石城別命の墳墓と称する古墳があります。
続きを読む

八木岡瓢箪塚古墳

栃木県真岡市八木岡にある、瓢箪塚古墳の写真です。
芳賀地域では最も大きい古墳で、全長77メートルあります。前方後円墳です。
築造時期は、五世紀と六世紀の境目くらいと推測されているようで、大和田富士山古墳と鹿天神山古墳の間に入る時期のようです。
ちなみに、鹿天神山古墳のある真岡市鹿には隣接して物井の地名があり、下野国芳賀郡物部郷の遺称地とされます。



下写真は北側から見て、手前が前方部、奥が後円部だったと思います。

483520f7

後円部の上から前方部のほうを見ました。

215d31a6

同じ五行川流域の首長墳とはいえ、鹿古墳群とは距離もあって、地形的にも繋がっているとはいえませんし、別々の集団によって築かれたと見たいところです。鹿古墳群のほうが、この古墳に葬られた豪族を抑えて台頭した、物部の現地管掌者の墳墓かも、と想像したいのです。

逆に前方部の上から後円部を見たところ。
保存状態はかなり良いんですが、樹木のせいで見通しが悪いんですよね

a172d628

主体部は未調査なので内容も不明なのですが、墳丘に特徴があります。
前方部の片方に、出っ張りがあるのです。これも造り出しの一種なのでしょうか。

cd68df50

その特異な前方部付近。
ただの藪画像ですね。すみません。

dd740e4f


初出:「八木岡瓢箪塚古墳」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51872504.html 2010年10月25日

ヤマトタケルの墓 2/2



白鳥塚古墳

三重県鈴鹿市加佐登町に鎮座する加佐登神社。
うっかりして写真を撮り忘れました…鈴鹿郡鎮座の式内社「倭文神社」を合祀するともいうのに…惜しいことをしました。
この参道を登ったところに社殿があるのです。

ac72fab5

そして、神社の左手から後方へ少し行ったところにあるのが、白鳥塚古墳です。
本居宣長らが日本武尊の墳墓と見ていたため、明治の候補地でも最有力だったようですが、治定からは残念ながら漏れてしまいました。
従来は円墳と見られたり、明治期に石室を見たという口伝から六世紀の横穴式石室を持つ古墳と見られたりしていました。
しかし、平成17年の調査で、帆立貝式古墳であることが明らかになり、築造時期も五世紀前半と見られるようになりました。

77dcdf5f

私が訪ねたのは平成18年のことですが、トレンチの跡などには気づきませんでした。きれいに埋め戻したんですね。
全長92メートル、後円部径77メートルといいますから、なかなかの規模です。
丘陵の頂上を利用して築かれているので、見た目はもっと大きく感じました。

04aa3d84

c972d9e3

古墳の裾からは隣りの調整池がよく望めます。
このときはちょうど夕暮れ時で、日が水面に反射してキラキラと奇麗だったのですが、全然うまく撮れませんでした…

1c3a384b

続きを読む

三津屋古墳

奈良県明日香村の牽牛子塚古墳、昨日の新聞でも一面に載ってました。すごいなぁ…
現地見学会の様子は、落王さんをはじめ、既に画像つきでUPされてるところがあって眼福ですね。裾部の石敷きが現代のコンクリートタイルを思わせ、築造当初はさぞ奇麗だったんだろうと思います。


ところで、新聞報道では
「天皇クラスの墓に限定される八角形墳だったことが分かり、被葬者は斉明天皇であることがほぼ確実になった」
とか
「7世紀、天皇陵にのみ許されたとされる八角形墳とわかった」
といったことがいわれています。本当でしょうか。
八角形なら、それを根拠になんでもかんでも天皇陵にしてしまってもいいのでしょうか。

三津屋古墳は群馬県北群馬郡吉岡町の大久保にある古墳です。
7世紀後半に築かれたと見られる、八角形墳です。
去年(2009年)の三月に、花粉と闘いながら見てきました。

cf794e3a

住宅地を抜けると、復元された異様な姿が忽然と現われ、ギョッとしたのを思い出します。
墳丘対角間は23m、一辺約9mほどの規模なのだそうです。
牽牛子塚古墳の墳丘の規模は、対辺長が約22mだそうですから、大きさではあまり変りませんね。

二段築成で周堀も持っていたといいます。そこは復元できなかったようです。
前庭には川原石が敷かれていたみたいです。

f1f0570f

群馬県下で八角形墳といえば、藤岡市の伊勢塚古墳もそうだといわれています。


他には山梨県笛吹市の経塚古墳や、鳥取県鳥取市の梶山古墳も…
この三つは6世紀後半~7世紀初頭くらいに築かれたものなので、牽牛子塚古墳や野口王墓古墳、束明神古墳とは時期が違うから同列に論じることはできないのかもしれません。別の意識によって築かれた可能性があります。

でも、三津屋古墳の場合はどうすればいいのでしょう。時期は7世紀後半と同じなわけで、畿内の八角形墳と似たような価値観・意識で築かれたことを否定するのは困難です。
解決方法はふたつあると思います。

(1)三津屋古墳には天皇が葬られていた
(2)八角形墳が天皇陵に限られるという見方が間違っている

(1)は、日本書紀や延喜式の記述に事実性を認めずに、かなり思い切った視点から解釈することになります。6世紀以降の天皇陵には、史料の記述と齟齬しない古墳が多く、あえてそういったトンデモ史観を持つ必要はないようです。
とすれば、(2)を考えなければなりません。

かつて、上円下方墳を、皇族の墳墓にあてる見方が有力でした。
しかし、清水柳北1号墳(静岡県)や武蔵府中熊野神社古墳・天文台構内古墳(東京都)、野地久保古墳(福島県)の存在は、これに疑問を投げかけました。
八角形墳にも、似たようなにおいを感じます。
調査されておらず墳形が不明な古墳や、擦り減って円墳だと思われている古墳のなかに、八角形墳も含まれているかもしれません。今後、全国的な調査の進展によって、明らかになる日が来るでしょうか。

fbc27fc5

では内部へお邪魔します。
扉の鍵はかかっておらず、「開放時間は、午前8時から午後5時までです」「扉は必ず閉めてください」と書かれた札がかかっていました。

なかは石室…というより、見学室でした。
石材はかなり失われています。
墳丘が版築されてるのがよくわかるようになっています。10センチ~20センチ間隔くらいの横縞ですね。

55ead371

c2cb9507

後代の人が、石室材を割って持っていこうとした跡も残っていて生々しいです。

11060f42


【追記:2021年12月】その後、この年の年末、大田皇女の墓にあてうる越塚御門古墳が発見され、牽牛子塚古墳は斉明天皇陵の条件を偶然とは思えないレベルで揃えることになり、天皇陵だったことが確定的になりました。新聞等でも、その段階までは「天皇陵として確実」のような報道は控えてほしかったです。

初出:「三津屋古墳」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51859446.html 2010年09月12日

ヤマトタケルの墓 1/2


武備塚

伊勢へ出かけたのは、2006年のゴールデンウィークのこと。
日本武尊ほどの有名人になると、墓地の比定地はいくつもあるようです。
三重県鈴鹿市長澤町の長瀬神社境内にある、「武備塚」もそのひとつです。

まずは神社の写真。

dedbb2f9

6994411d

1f7cd2f6

長瀬神社は、『延喜式』神名帳の伊勢国鈴鹿郡に見える式内社です。
現在の祭神は、もちろん倭建命。
東大阪市に同じ名前の神社がありますが、無関係のようです。

社殿を右に見ながら奥へ進むと、このような「日本武尊御陵道」があります。

26050be9

そしてこれが武備塚。
塚…といっても、それほど高い盛り土が残っているわけではありません。うずたかい感じでした。

16957b80

塚の上に立ってるのは碑です。
『古事記』で倭建が亡くなるときに詠んだとされる歌「愛しけやし 我家の方よ 雲居立ち来も」が彫ってあります。
明和七(1771)年のものらしいです。

4e0f6c41

直径約25mの古墳時代後期の円墳かともいわれますが、実際のところはどうなんでしょうね。
江戸時代には、当地を治めた亀山藩がこれを日本武尊の墳墓としていたため、最も有力な候補でした。

続きを読む

北条塚古墳

千葉県香取郡多古町東松崎にある、北条塚古墳です。
2006年の秋に撮ったものだと思います。
下写真は右手に垣がちょっと入ってますが、松崎神社の真裏にあります。というより、古墳を意識して神社も建ったんでしょうね。
くびれ部のあたりです。

7e733e94

後円部の上から前方部のほうを見ると、こんな感じ。
北条塚3号墳、東松崎2号墳とも呼ばれているので、近くに一緒に群をなす古墳があったはずなんですが、よくわかりませんでした。
民家とか結構あったから、もう消滅してしまったのかしら。

b49cdd0a

前方部から後円部を見ると下写真のような感じ。
写真だと樹木が邪魔でよくわからないんですが、かなり良好に墳丘は残っているように見えました。神社の境内なのが幸いしたんでしょうね。

71ecaced

右手前が前方部、左奥が後円部。
これでようやく前方後円墳らしく見えますね。
墳長74m、後円部径36m、前方部幅45m。6世紀中葉ころの築造のようです。
御前鬼塚古墳に先行すると見られます。


こちら↓は北条塚古墳から南東に2kmくらいのところにある、たぶん土仏2号墳です。香取市小川にあります。

4f9b67d3

「たぶん」というのが怪しくてすみません。
『前方後円墳集成』の地図だと、1号墳と2号墳の前方後円墳2基が、南北に並んでいたんですよね。ところが現地へ行ってみると1基しか見つからなくて…
写真のとおり、夕暮れで少し暗くなってきてはいましたが、肉眼ではまだ暗いことが理由で見落とすような感じではなかったんです。
南側の崖と古墳の距離が近かったので、南側の土仏2号墳なのでは…と考えました。北には畑があったので、もしかしたら削平されてしまったのかもしれません。
墳長30m、後円部径21m、前方部幅20m。後期古墳の割に前方部が発達してますね。

その崖を作った川が近くにあります。栗山川の支流なのだそうです。
東に向かって遡って行くと、流域には旭市の鏑木古墳群があります。椿海との関係だけでなく、河川の流域との関係で別角度から考えられないか、と同流域の古墳も見てみました。
でも結構距離が離れてますし、同一の集団が築いたとは思えないですかね。



初出:「北条塚古墳」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51833544.html 2010年06月22日

山代二子塚古墳と大庭鶏塚古墳

「所縁の史跡」で6世紀中ごろから7世紀初頭あたりの出雲には、東西に有力な古墳があることを書いて、一方の出雲西部の古墳について紹介しました。


ここでは、対する出雲東部の首長墳をすこし載せておきます。

山代二子塚古墳

松江市山代町にあります。
6世紀中葉ころに築かれた前方後方墳で、墳長は約90mあるそうです。
これがだいたい今市大念寺古墳と同時期か、若干早いかくらいの時期の造営らしいです。

三枚の写真を合成してパノラマ風に…と思ったんですが、あからさまにズレてたりで失敗ですね。

9d9d96ba

古墳を西側から撮った写真。手前が前方部で、奥が後方部です。

2b13a790

墳丘の上に登って、後方部から前方部を見るとこんな感じです。
茶臼山を間近に望めるんですよね。立地的にも、山を意識したりしたのでしょうか。

6b4e5711

後方部側に、土層断面見学室という変わった施設が墳丘の一部を削り取って設けられています。主体部は調査されていないみたいですが、だいたいの形が示されていました。

a6aa3bbd

大庭鶏塚古墳

二子塚古墳の西側にある、大庭鶏塚古墳です。一辺が約42mという、大型の方墳です。

00d62460

こちらは葺石の存在が確認されていたりで、5世紀代の古墳と見られるようです。

0884059b

南側と西側に造出しを持ちます。墳丘はよく残っていて、見学しやすかったです。

1269e48e

山代方墳

一辺約45mの大型方墳です。
石室については、以前の記事をご覧ください。


石室の内部に入るのは…今思い返しても無理だと思います。いつもなら、「やっぱり無理してでもチャレンジしておけばよかったなー」と後悔する場合が多いんですが。あの閉塞石が欠けてできた穴は、たぶん東大寺大仏殿の柱に開いている大仏の鼻の穴くらいの大きさの穴より、さらに小さいと思います。
東大寺なら人通りが多いから、もし途中で抜けなくなっても助けを呼べそうですけど、これは発見してもらえるまで時間がかかりそうですし…

周濠がはっきり判る感じに残っています。

d6a40959


初出:「山代二子塚」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51811551.html 2010年04月19日

西谷墳墓群

二年も前(2008年)の写真ですみません。あたため続けたからといって、どうにかなるというわけでもないのに放置が過ぎますね。
西谷墳墓群は6基の四隅突出型墳丘墓が有名な墳墓群です。弥生時代後期から古墳時代前期にまたがって築かれたため、古墳群とはいわないんですね。出雲平野の王の奥津城です。
「出雲弥生の森」という公園として整備が進められているので、今行けばもっと見学しやすくなっていると思います。

86321e37

所在地は島根県出雲市大津町。平成12年には国の史跡に指定されています。
位置的には、斐伊川の西岸にあり、川をくだれば現在は消滅した神門水海へ出ることのできる場所です。貼石には、上流の高瀬山の石が多く使われていて、この水系における被葬者たちの影響力がうかがえるようです。

隣りが出雲商業高校なんですが、こんな注意書きがあって恐いです。
飛び込んでくるボールに対して、どう注意したらいいんでしょう。避けたり受けとめたりしろってことでしょうか…

9ab6bab8

まず奇麗に整備された3号墓が圧巻。離れたところからでも、存在感がありますね。

8641bb9a

3fd69ba9

突出部も含めて、約55m×40mの規模だそうです。
こんな感じに、突き出してるのがよくわかるように復元されています。

13dbdd84

墳丘にのぼると、ふたつの主体部の位置もわかるようになっていました。
墓上の祭祀と関係するらしい、柱の位置も同様です。

51abc2a9

そして西谷2号墓。
こっちは発掘してから埋め戻して、そのまま雑草が生えてきた感じでした。約50m×35mの規模だそうです。
3号墓の上から見ると、なんとなく四隅突出型だったのかな…?というのがわかります。

aa8adae7

3号墓の南にあるのが4号墓です。
これも四隅突出型墳丘墓で、約45m×45mの規模があるそうです。

a359c59f

4号墓の南隣りが5号墓。
長辺約22m、短辺約17mほどで、こちらは突出部は確認されていないようです。

cdb90014

西谷6号墳は崖っぷちの墳丘墓です。南側が、半分くらい無くなってしまっています。
広域農道を作るときに削られたんでしょうか。それとも、以前から崩壊が進んでいたんでしょうか…

9ca39549

近くの三谷神社の建っている場所が西谷9号墳で、四隅突出型墳丘墓としては全国最大の規模だそうです。見学してくればよかったですね。
9号墳だと、卑弥呼の時代にかかってくる感じでしょうか。


初出:「西谷墳墓群」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51809781.html 2010年04月14日

山津照神社

7bff65cf

滋賀県米原市能登瀬に鎮座する、山津照神社。
昨年(2009年)のゴールデンウィーク旅行の三日目に、米原駅前でレンタカーを借りて、一番最初の目的地にしたのがここでした。
上の写真のように、拝殿の前が芝生の広場になっていたのが印象的。きっと休日の日中に来たら、近所の子供たちが遊んでいたりするんでしょうね。

参道も下の写真のように、ほとんど芝だったと思います。玉砂利を敷いた厳かな感じもいいですが、こういうのも親しみが持てていいな、と思います。

99bbb773

境内には、前方後円墳の山津照神社古墳があります。
主軸は参道とほぼ並行し、くびれ部あたりを少し削るようにして、境内社の八幡神社が建っています。

2b5b6d47

墳丘の長さは、三つもあった案内板のうち、最も新しいものによると、46.2m。家形石棺を納めた横穴式石室と、そこから出土した遺物から、6世紀前半ころの築造と見られるようです。
塚の越古墳など一帯の古墳とともに群を成します。息長古墳群です。
天野川流域を基盤とした集団の奥津城と見られ、息長氏を被葬者にあてる説が有力なようです。

f5f806b8

この古墳についても、神功皇后の父、息長宿祢王の墓とする見方が一部でされていたようですね。
明治15年の参道拡張工事のときに発見された古墳なので、よく「そういう伝説がある」と古くから語り継がれているような言い方がされている点は疑問なのですが。古墳の存在自体は古くから知られていて、工事を口実にして主体部を掘り起こしちゃったのかしら。

このように、息長氏に縁故の場所の神社ということで、祭神や創建の事情についても息長氏と関連づける見方が、明治以降ずっと主流のようです。
ただ、神社側からはあまり積極的に主張されているというわけでもないようで、現在の祭神は国常立尊となっています。

eab7fd2c

拝殿も本殿も立派で、落ち着いた雰囲気ですね。
息長古墳群は、5世紀代には有力な古墳を持たず、6世紀に入って前方後円墳を築くようになります。
この点、継体天皇との繋がりを考える人が多いです。天皇の妃のうち、麻組郎女は息長真手王の娘といいます。

cb647f1c

下の写真は手水舎です。
センサーが設置してあって、人が近づくと自動で水が出ます。離れてしばらくすると止まります。ハイテク。

739b81a0


初出:「山津照神社」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51800249.html 2010年03月20日
コメント
天璽瑞宝新着
LINEで更新通知を受け取る
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
おすすめな物部氏本

古代おもしろシチュエーション