大田別ノート

物部厨どもが夢、それとも幻。

出雲


山代二子塚古墳と大庭鶏塚古墳

「所縁の史跡」で6世紀中ごろから7世紀初頭あたりの出雲には、東西に有力な古墳があることを書いて、一方の出雲西部の古墳について紹介しました。


ここでは、対する出雲東部の首長墳をすこし載せておきます。

山代二子塚古墳

松江市山代町にあります。
6世紀中葉ころに築かれた前方後方墳で、墳長は約90mあるそうです。
これがだいたい今市大念寺古墳と同時期か、若干早いかくらいの時期の造営らしいです。

三枚の写真を合成してパノラマ風に…と思ったんですが、あからさまにズレてたりで失敗ですね。

9d9d96ba

古墳を西側から撮った写真。手前が前方部で、奥が後方部です。

2b13a790

墳丘の上に登って、後方部から前方部を見るとこんな感じです。
茶臼山を間近に望めるんですよね。立地的にも、山を意識したりしたのでしょうか。

6b4e5711

後方部側に、土層断面見学室という変わった施設が墳丘の一部を削り取って設けられています。主体部は調査されていないみたいですが、だいたいの形が示されていました。

a6aa3bbd

大庭鶏塚古墳

二子塚古墳の西側にある、大庭鶏塚古墳です。一辺が約42mという、大型の方墳です。

00d62460

こちらは葺石の存在が確認されていたりで、5世紀代の古墳と見られるようです。

0884059b

南側と西側に造出しを持ちます。墳丘はよく残っていて、見学しやすかったです。

1269e48e

山代方墳

一辺約45mの大型方墳です。
石室については、以前の記事をご覧ください。


石室の内部に入るのは…今思い返しても無理だと思います。いつもなら、「やっぱり無理してでもチャレンジしておけばよかったなー」と後悔する場合が多いんですが。あの閉塞石が欠けてできた穴は、たぶん東大寺大仏殿の柱に開いている大仏の鼻の穴くらいの大きさの穴より、さらに小さいと思います。
東大寺なら人通りが多いから、もし途中で抜けなくなっても助けを呼べそうですけど、これは発見してもらえるまで時間がかかりそうですし…

周濠がはっきり判る感じに残っています。

d6a40959


初出:「山代二子塚」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51811551.html 2010年04月19日

西谷墳墓群

二年も前(2008年)の写真ですみません。あたため続けたからといって、どうにかなるというわけでもないのに放置が過ぎますね。
西谷墳墓群は6基の四隅突出型墳丘墓が有名な墳墓群です。弥生時代後期から古墳時代前期にまたがって築かれたため、古墳群とはいわないんですね。出雲平野の王の奥津城です。
「出雲弥生の森」という公園として整備が進められているので、今行けばもっと見学しやすくなっていると思います。

86321e37

所在地は島根県出雲市大津町。平成12年には国の史跡に指定されています。
位置的には、斐伊川の西岸にあり、川をくだれば現在は消滅した神門水海へ出ることのできる場所です。貼石には、上流の高瀬山の石が多く使われていて、この水系における被葬者たちの影響力がうかがえるようです。

隣りが出雲商業高校なんですが、こんな注意書きがあって恐いです。
飛び込んでくるボールに対して、どう注意したらいいんでしょう。避けたり受けとめたりしろってことでしょうか…

9ab6bab8

まず奇麗に整備された3号墓が圧巻。離れたところからでも、存在感がありますね。

8641bb9a

3fd69ba9

突出部も含めて、約55m×40mの規模だそうです。
こんな感じに、突き出してるのがよくわかるように復元されています。

13dbdd84

墳丘にのぼると、ふたつの主体部の位置もわかるようになっていました。
墓上の祭祀と関係するらしい、柱の位置も同様です。

51abc2a9

そして西谷2号墓。
こっちは発掘してから埋め戻して、そのまま雑草が生えてきた感じでした。約50m×35mの規模だそうです。
3号墓の上から見ると、なんとなく四隅突出型だったのかな…?というのがわかります。

aa8adae7

3号墓の南にあるのが4号墓です。
これも四隅突出型墳丘墓で、約45m×45mの規模があるそうです。

a359c59f

4号墓の南隣りが5号墓。
長辺約22m、短辺約17mほどで、こちらは突出部は確認されていないようです。

cdb90014

西谷6号墳は崖っぷちの墳丘墓です。南側が、半分くらい無くなってしまっています。
広域農道を作るときに削られたんでしょうか。それとも、以前から崩壊が進んでいたんでしょうか…

9ca39549

近くの三谷神社の建っている場所が西谷9号墳で、四隅突出型墳丘墓としては全国最大の規模だそうです。見学してくればよかったですね。
9号墳だと、卑弥呼の時代にかかってくる感じでしょうか。


初出:「西谷墳墓群」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51809781.html 2010年04月14日

出雲の石棺式石室×3

2008年のゴールデンウィークで行ったときの写真です。

石棺式石室は、石棺の側面に入り口のあるような形の石室です。って、自分で言っててわけわからんです。横穴式石室の一種なんですが、家型石棺を大きくしたような格好をしてるんですね。石室なので、この中に棺に収めた遺体が置かれることになります。
古墳時代後期末(6世紀末~7世紀前半)の山陰地方、特に出雲東部に多く見られるのが特徴の埋葬施設です。

塩津神社古墳

1e2e2c85

島根県安来市久白町に鎮座する塩津神社。塩津神社古墳は、その境内の隅にあります。
盛り土はすっかり失われてしまった状態です。本来は羨道もあったらしいんですが、やっぱり現存しません。
写真でご覧になってわかるとおり、石室だけ道路に面してあり、奇妙な存在感を放っています。

22932c8a

bb993f4f

外から見ると、すり減っていてよくわからないんですが、中からだと、天井が家型の屋根状になっているのがわかります。
三角。

be1feb5c



山代方墳

81137eb6

島根県松江市山代町の山代方墳です。
6世紀中葉以降、出雲市塩冶町付近を中心とする出雲西部と、この松江付近を中心とする出雲東部とには、大型の古墳があいついで築かれていました。
出雲西部は尾輿の時代の物部氏によって制圧され、大和王権の支配下に入りますが(出雲国譲神話の形成開始)、その物部氏と密接な関係にあった出雲西部の勢力は、守屋の死によって中央政界の後ろ盾を失い、7世紀はじめには有力な古墳は築かなくなりました。
山代方墳は、このとき出雲全域を領することになった首長が被葬者と見られています。「出雲国造」の直接のご先祖といってもいいです。

9b18d96d

閉塞石の一部が欠けてるので、腕を突っ込んで撮影。
前室は落ち葉でビッチリです。奥室はよくわかりません…



岩屋後古墳

03b526ce

松江市大草町の岩屋後古墳です。「八雲立つ風土記の丘」から東に道路を挟んですぐのところにあります。
国造に次ぐような有力な人物が葬られた古墳のようです。

0c77d8b0

こちらは、ばっちり屋根形の天井石なのがわかります。どうせ墳丘で覆っちゃうんですけど、埋葬儀式のときまでは屋根を露出させたままで、後から土をかぶせた可能性が高いのだとか。

48af3096


初出:「出雲の石棺式石室×3」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51568984.html 2008年11月29日

出雲大社本殿拝観(2008年)

111d97c3

ゴールデンウィークを使った旅行で出雲大社の本殿を拝観したときの簡単なレポです。
老朽化した建物を改修する「御修造」を約60年ぶりに行うため、祭神は拝殿内の仮殿へ一時的に遷っています。そのご留守を利用して私たちも普段は立ち入ることのできない場所を拝むことができた、というわけです。
これから五年間は拝殿が仮の本殿ということになります。

右手に回り込むと、本殿拝観の列と、記帳受付の白いテントが見えます。
列の最後には係員さん(警備員)が、最後尾であることがわかるように、プラカードを持って立っています。この係員さんが、服装のチェックをしてくれました。ドレスコードがあって、ジャージやジーンズはダメなのです。
私の前に並ぼうとしたかたは、ご夫婦でいらしていたんですが、奥さんのほうがデニム生地のズボンを穿いていてアウト。旦那さんも「じゃあ俺もいいや…」と去っていかれました。もったいない。ここは妻に優しさを見せるところじゃなくて、待たせてでも拝観すべきところですよね。え、違います?

私の格好は。
・色の薄いジャケット
いい天気だったんで、ちょっと暑かったですね。日中はこのときしか着てませんでした。
・襟のある白いシャツ
ワイシャツではなく、少しやわらかい感じのもの。ネクタイはしませんでした。
・紺色のスラックス
ちゃんとアイロンかけて行きました。
・灰色の靴
合成皮っぽいやわらかい素材のもの。よく旅行用として売ってるものです。

そんな姿でOKでした。
もう少しラフな感じの人も大丈夫でしたね。逆に、きっちりとスーツにネクタイ、というかたもちらほらといました。
それと、帽子をかぶったまま八足門の内側に入るのはNGのようでした。すぐ近くで並んでいた兄ちゃんや、中年の女性でかぶったままの人は注意を受けていたんで。

並んで待つ時間は、およそ十分ほどでした。28日は平日だったんで、前日(日曜日)や翌日(昭和の日で祝日)と比べると、空いているほうだったのかもしれません。時間帯によっても、混んでる時間とそうでない時間がありそうですね。

靴は自分のものは持ったまま通ります。が、それを入れるための袋は貸してもらえます。

大社教の信者のかたでも普段はここまで、という楼門を通り、仮設通路、本殿の階段を登ります。
いつもは垣の外から見るしかない摂社たちも、見おろす位置から良く見ることが出来ます。御向社に天前社、筑紫社です。
本殿のある地面と、これら摂社のある地面、玉垣の内と外ですが、敷いてある石の大きさが違います。内側(本殿側)の石はすごく大きいです。川原石だと思うんですが、子供の頭くらいあるんじゃないでしょうか。すでに玉砂利ってレベルではないです。
一種の荒々しさすら感じます。

階段を登りきると、神殿の入り口である御扉の正面です。公開時は開け放ってるんで、扉は無いんですが。
柱を避ける位置にあるので、右側が扉。
開け放ってるのは扉だけじゃなくて、その左側の蔀もです。

と、ここで残念なお知らせ…
扉の位置から奥へは、入れません

てっきり下段までは行けるのかと思ってましたよ!
で、下の図のように、縁の部分を右手からぐるりと回ります。
見上げると、横に組んである柱の上には、剣山の親玉みたいな金属製のトゲトゲがいっぱい置いてありますね。
鳥が留まって、糞をしたりするのを防ぐためのもののようです。

c5806989

外側の壁や柱は、結構傷んでました。雨風を直接受けるんですから、当然ではありますけど…
とくに欄干の傷みは相当なものです。
柱や欄干に装飾してある金具は、すべて植物をモチーフにした飾りが彫ってありました。

ぐるりと回って、★の位置まで来ると、神職のかたがいらっしゃって、解説を受けることが出来ます。蔀の前あたりに詰めて座ってお話を聞きます。

ところで、主祭神の大国主神は、扉や私達が普段参拝する拝殿のある南を向いていないことがよく知られています。
国譲り神話に登場する稲佐浜の方角、西を向いているんですね。
どうして横を向いてしまっているのかについては、諸説あるようですが、結局は社殿の中央に神座を置いて南を向けると、柱が邪魔になるということなんでしょう。
扉の正面には仕切りの板壁があります。

で、だいたいこの★の位置からだと、柱や仕切り壁に隠れている「御神座」が少し見えるんです。
ずばり、「神社」がありました。
神社の中に神社があるんです。
よく、一般的な神社でも、本殿を保護するために、鞘殿とか覆屋とかいわれるものが造られますよね。あれをイメージしてしまいました。
もっとも、出雲大社の場合は、覆っている本殿の規模が段違いに大きいですし、祭神が尊いことを演出するためのものだと思うのですが。

御神座の屋根は、本殿の屋根と同じ向きに傾斜がついています。南北の中央が高くて、東西に向かって低くなってる、ということです。
しかし、祭神は西を向いている。御神座の扉は西についているんです。
出雲大社本殿は、神社建築様式のひとつ「大社造」の代表として知られ、この様式の特徴に入り口の位置が「妻入り」であることが挙げられると思います。屋根の傾斜の無いほうに、入り口があるのが普通ということです。
しかるに、内部の御神座は、実は傾斜のあるほうに入り口がある「平入り」になっています。
国津神の代表的な神として有名な大国主神。意外にも大社内部では「神明造」的な神座で祀られているのでした。

上段の西側には、客座五神(天之常立神、宇摩志阿斯訶備比古遅神、神産巣日神、高御産巣日神、天之御中主神)が祀られます。
こちらは何というか…よく、一般的な神社の境内の摂末社で、長屋型の社殿を見かけることがありませんか。長屋型っつーのも失礼ですが。一つの長い社殿に、扉がいくつもついているアレです。
アレにちょっと似てます。
ただ、壁にぴったりとくっつけているので、奥(壁)側には屋根はありません。屋根の傾斜があるのは、手前側だけです。

さらに天井に目を向けると、「八雲之図」を見ることが出来ます。
聞いていたとおり、八つではなく、七つの雲しかありませんでした。解説の神職のかたによると、八つ描いて「完成」させることは、「終わる」ことにもつながり、あえて神徳が永遠に続くようにと一つ少なく描かれたんじゃないか、という説があるようです。
最後の一つは、ひとりひとりの心の中にあります、なんて言われたらどうしようかと思ってましたよ(笑)
江戸中期の1744年に、現在の本殿は造営されたんでしたか。そのときから変わらない色彩なんだろうと思わせる、鮮やかな色で感激。
下図のように(またヘタクソですみません)、主祭神の御神座の上の部分だけには、雲は描かれていません。
また、仕切り板壁に近いところの雲だけは、西に向かって流れている様子で描かれています。他の六つの雲はみんな東に流れているのに…

48f8edfc

八雲之図もそうなんですが、神殿内部の美しさに驚かされました。外部の風雨にさらされて傷んだ状態と比べると特に。
壁の板も、心の御柱も、つい最近に建てられたかのように木の色や木目が奇麗なんです。
いつも、大切に守られているんだなぁ、と感じました。

満足しながら八足門の外へ出て、そうそう素鵞社で素盞鳴命にも参らなきゃねー♪と思って、さっき並んだ列の横を通り過ぎようとしたところ…
外人男性が拝観を断られてました。ジーンズ不可って情報を事前に知らなかったんですね…遠くから来たんなら気の毒ですが、仕方が無いです。

b16a9fac

こうやって、人が比較対象としているところを見ると、やっぱり大きい社殿だなーと思います…
白テントの記帳所では、「御本殿特別拝観之証」と「特別拝観のしおり」をもらえました。いい記念品になります。


初出:「ついに出雲大社本殿」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51405934.html 2008年05月02日
コメント
天璽瑞宝新着
LINEで更新通知を受け取る
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
おすすめな物部氏本

古代おもしろシチュエーション