2476bfc1

岡山県岡山市吉備津に鎮座する、吉備津神社です。備中国一の宮として崇敬を集めます。
元々は吉備国一の宮だったともいわれますが、どうなんでしょうね。「一宮」というランク付け自体が割と新しい時代っぽい感じはしますが。
延喜式神名帳の備中国賀夜郡にある名神大社「吉備津彦神社」を継承するとされています。

参拝したのは、2007年5月2日。この日は旅行四日目で、兵庫県神戸市から岡山県津山市まで行ったんですよね…結構な距離ですね。
JR吉備津駅で下車して歩きました。

cb03ff11

主祭神は、大吉備津彦命。
崇神四道将軍の一人として有名です。彦五十狭芹彦命は孝霊天皇の皇子でしたっけね。崇神朝の人にするには、世代対応にズレはないのかしら。このあたりの皇統譜は、そんなのばっかりだから、つっこんだほうが負けなのかもしれませんが…
駅から神社へ向かう途中、こんな面白いものがありました。銅鐸、そして吉備津彦。

1552aec6

神社への入り口あたりに、「矢置岩」なるものがありました。
近くにあった案内板によると、祭神が温羅(うら)という鬼神と戦ったときに「互に弓矢を射るに、両方の矢、空中に衝突」したり、祭神が「鬼神の矢を空中に奪取」したりと壮絶なバトルを繰り広げたそうで、このとき矢を置いたのが、この矢置岩だそうです。
矢祭の神事があったことが旧記に見え、その後断絶したものの、昭和三十五年に復興したとか。

937ccee6

随身門。

00baef83

そして、国宝の拝殿・本殿…といいたいところですが、工事中なのでした。
下調べしなかったので、現地へ着くまで工事をしてることを知りませんでした。うかつ。

d32c1036
続きを読む