7bff65cf

滋賀県米原市能登瀬に鎮座する、山津照神社。
昨年(2009年)のゴールデンウィーク旅行の三日目に、米原駅前でレンタカーを借りて、一番最初の目的地にしたのがここでした。
上の写真のように、拝殿の前が芝生の広場になっていたのが印象的。きっと休日の日中に来たら、近所の子供たちが遊んでいたりするんでしょうね。

参道も下の写真のように、ほとんど芝だったと思います。玉砂利を敷いた厳かな感じもいいですが、こういうのも親しみが持てていいな、と思います。

99bbb773

境内には、前方後円墳の山津照神社古墳があります。
主軸は参道とほぼ並行し、くびれ部あたりを少し削るようにして、境内社の八幡神社が建っています。

2b5b6d47

墳丘の長さは、三つもあった案内板のうち、最も新しいものによると、46.2m。家形石棺を納めた横穴式石室と、そこから出土した遺物から、6世紀前半ころの築造と見られるようです。
塚の越古墳など一帯の古墳とともに群を成します。息長古墳群です。
天野川流域を基盤とした集団の奥津城と見られ、息長氏を被葬者にあてる説が有力なようです。

f5f806b8

この古墳についても、神功皇后の父、息長宿祢王の墓とする見方が一部でされていたようですね。
明治15年の参道拡張工事のときに発見された古墳なので、よく「そういう伝説がある」と古くから語り継がれているような言い方がされている点は疑問なのですが。古墳の存在自体は古くから知られていて、工事を口実にして主体部を掘り起こしちゃったのかしら。

このように、息長氏に縁故の場所の神社ということで、祭神や創建の事情についても息長氏と関連づける見方が、明治以降ずっと主流のようです。
ただ、神社側からはあまり積極的に主張されているというわけでもないようで、現在の祭神は国常立尊となっています。

eab7fd2c

拝殿も本殿も立派で、落ち着いた雰囲気ですね。
息長古墳群は、5世紀代には有力な古墳を持たず、6世紀に入って前方後円墳を築くようになります。
この点、継体天皇との繋がりを考える人が多いです。天皇の妃のうち、麻組郎女は息長真手王の娘といいます。

cb647f1c

下の写真は手水舎です。
センサーが設置してあって、人が近づくと自動で水が出ます。離れてしばらくすると止まります。ハイテク。

739b81a0


初出:「山津照神社」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51800249.html 2010年03月20日