2a792d92

埼玉県行田市の埼玉(さきたま)古墳群内にある、奥の山古墳の現地説明会。
2007年は12月に行われたんですけど、今年はちょっと早いんですね。今年度分の調査は、来年2月まで続くそうですが。
私は午後の第三班で回りました。そうしたら、説明してくれる担当者のかたが去年と同じ人に。他のかたの説明も聞いてみたかったような気もしますが、開始時間まで待っている間の、立ち位置で分けられてしまうから仕方ない。
引き続き、墳丘ではなく、周囲を掘り返して調べられています。

ポイントは三つ、
1)周堀の形。従来いわれているように、古墳群内唯一の盾形なのか。
2)堀の数。従来いわれているように、古墳群内唯一の一重堀なのか。
3)近接する鉄砲山古墳の周堀との干渉具合。
というのがあります。

上の写真は奥の山古墳の南側から、西側部分の堀を撮ったものです。
奥のほうに見えているのが、鉄砲山古墳です。

557990a1


またヘタクソな図ですみません。
「説明会資料」というリーフレット状のものをもらったのですが、そのまま転載というのはいかがなものかと思いましたので…。

もう、堀の形状については盾形説は完全否定されました。
昭和四十年代の調査の結論から、盾形だとされてきたそうで、公園化のときに重機を入れてエイヤーと掘り込んだ池を現在見ることが出来るんですが、当時はそんなに詳しく調べたわけじゃなかったようで、今回の新発見となりました。
堀の数も一重ではなく、二重にめぐっていることが判明。
これで、さきたま古墳群内の前方後円墳は、すべて二重の堀を持っていたことがわかりました。

上図のとおり、右上(後円部東側)のほうに出っ張ってる変形四角形というのが本来の形状になります。

奥の山古墳の後円部側と、その右上に見える鉄砲山古墳の前方部側は、かなり接近しています。
今年度のこれからの発掘で詳しく調べるらしいですが、両古墳の外堀が重なり合ってしまうような状態です。

1ef473c5

これが奥の山古墳の北側(鉄砲山古墳の南側)の現状。だいたいこのあたりで堀が重なっているらしいです。
要するに、奥の山古墳の堀が、右上に出っ張る(というか左上が引っ込んでいる)のは、鉄砲山古墳に遠慮して造られたからだということになります。
が、埴輪の編年からは、奥の山古墳のほうが古く、鉄砲山古墳のほうが新しく築かれたことがわかっているんですね…
謎です。
鉄砲山古墳のほうが規模が大きい古墳なので、将来、そこに奥の山古墳の被葬者よりもエライ人が葬られることを見越して、あえて歪んだ形にしておいたとか?

4a832d55

上写真は鉄砲山古墳側。
奥が墳丘で、その手前に内掘、さらに手前の高くなっている部分が中堤で、その手前側に外堀があります。

88538593

奥の山古墳の内堀の、右上(東側)の隅の部分です。
右の赤茶色の土が関東ローム層で地の部分。左の黒っぽいほうが掘だった部分だそうです。

さきたま古墳群のあったところって、古代には今より2mくらい高い、台地のような地形だったんですね。地盤沈下と近世の造成ですっかり平地になってますけど。
そうなると、古墳を造るエリアとして意識された場所は結構狭く限られてたのかもしれません。両古墳の異常な接近っぷりも、そういうのと関係してるんでしょうね。
そんな豆知識も得れて、楽しかったです。
奥の山古墳のくびれ部寄り後円部に突き出ている造り出しは、来年度に発掘されるそうです。

【追記:2021年12月】その後、奥の山古墳を取り巻く水堀は埋め立てられ、一連の調査の成果を活かした整備が行われました。


初出:「奥の山古墳現説」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51547185.html 2008年10月25日