大田別ノート

物部厨どもが夢、それとも幻。

2007/12


稲荷塚古墳


埼玉県嵐山(らんざん)町へ稲荷塚古墳を見に行きました。
胴張りのある石室の実物を見るのははじめてです。見事に丸いですね。天井に向かってドーム状になってるのが面白いです。

IMG_1936

玄門石・天井石・奥壁に大型の石が使われ、他の部分は平な割石を積み上げて作られています。
巨石のみ、小さな割石のみ、の石室よりも、お洒落な印象です。

開口正面から。

IMG_1938

奥壁。

IMG_1940

玄室の壁。南側の玄門寄り。

IMG_1945

玄室の壁。北側の奥壁寄り(下のほう)
この湾曲具合がたまらんですね。

IMG_1948

玄室の壁。北側の奥壁寄り(上のほう)

IMG_1949
続きを読む

鹿島古墳群


埼玉県深谷市の鹿島古墳群へ行ってきました。合併前は川本町だったところです。
荒川の中流域に位置し、五十数基が現存するそうです。現地の各古墳に「何号古墳」という表示がつけられているんですが、90号くらいまで見かけたような。ずいぶん消滅してしまったんですね。
それでも、結構な数です。
あっちを見ても古墳。

IMG_1982

こっちを見ても古墳。

IMG_1983

案内板によると、7世紀初頭から8世紀初頭にかけてつくられたと推定されるそう。奈良時代初期の住居跡の上に古墳を築いているところもあったとか。
この85号古墳あたりは葺石がびっちり貼ってました。

IMG_1984

こちらは73号古墳です。一辺が9mの方墳で、古墳群の中でも最も遅い時期のもののようです。すでに埋葬施設の発掘も終わっており、案内板には「発見された石室や裾石は地下に埋め戻し保存しています」とありました。

IMG_1987

埋め戻し?
土嚢を乗せてるだけなのでは?

IMG_1990

荒川に面した側は、長年に渡って侵食を受けたらしく崖になっています。崖のギリギリにある古墳の中には、今にもすべて崩れて無くなりそうなものも。

IMG_1993

IMG_1995

緊急性の高そうなところから発掘調査が行われているようです。墳丘の上に登るのは禁じられていたので、外からカメラを高くかかげて、望遠(といっても四倍までしか出来ませんが)で撮影すると続きを読む
コメント
天璽瑞宝新着
LINEで更新通知を受け取る
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
おすすめな物部氏本

古代おもしろシチュエーション