2011年8月に紀伊半島を一周してきたときの写真です。
三重県熊野市有馬町の、花窟(はなのいわや)神社。

7a72f59a

谷川健一編『日本の神々』には、地元漁民の話として「熊野灘の沖からは、神倉山山頂のゴトビキ岩と花の窟があたかも一対のように望まれ」なんて書かれていますが、結構距離があるので、海上の同じ場所から両者を見るのは難しいんじゃないかしら。実際に船の上から確認したわけじゃないので、無責任なことはいえませんが。

この日は熊野大花火大会で交通規制が敷かれて、熊野市駅前までバスが入れず大変でした。すごく混雑していました。
駅前のコインロッカーは当然すべて埋まっていたため、荷物は抱えて持っているしかなく、猛暑の中、駅から神社まで歩くのはキツかったです。

c0d2b5a0

722231ca

書紀の神代上第五段第五の一書に
「伊弉冉尊、火の神を生む時に、灼かれて神退去りましぬ。かれ、紀伊国熊野の有馬村に葬りまつる。土俗、この神の魂を祭るには、花の時にはまた花を以て祭る。また鼓吹幡旗を用て、歌ひ舞ひて祭る」
とある、伊弉冉尊を祀り弔う斎場にあてられるのが、この神社。
「巨石」信仰といわれることも多いですが、石や岩というよりも岩肌の崖といったほうがしっくりきます。本殿を持たず、この崖に向かって参拝します。

6be4ae87

f4020177
f953e04a

70afc84f

崖の真下まで来ると、全体は撮れないですね。上写真が祭神伊弉冉尊を祀るところ、下写真はそれに向かい合うようにしてある、迦具突智神の拝所です。

526dcf40

手水舎のところにあった、この丸い岩↓はなんでしょうか。自然にこんな形になるとは思えないので、どなたかが作って置いたのかしら。

aa7e1ac6



初出:「花の窟」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51982159.html 2011年12月11日