「所縁の史跡」で6世紀中ごろから7世紀初頭あたりの出雲には、東西に有力な古墳があることを書いて、一方の出雲西部の古墳について紹介しました。


ここでは、対する出雲東部の首長墳をすこし載せておきます。

山代二子塚古墳

松江市山代町にあります。
6世紀中葉ころに築かれた前方後方墳で、墳長は約90mあるそうです。
これがだいたい今市大念寺古墳と同時期か、若干早いかくらいの時期の造営らしいです。

三枚の写真を合成してパノラマ風に…と思ったんですが、あからさまにズレてたりで失敗ですね。

9d9d96ba

古墳を西側から撮った写真。手前が前方部で、奥が後方部です。

2b13a790

墳丘の上に登って、後方部から前方部を見るとこんな感じです。
茶臼山を間近に望めるんですよね。立地的にも、山を意識したりしたのでしょうか。

6b4e5711

後方部側に、土層断面見学室という変わった施設が墳丘の一部を削り取って設けられています。主体部は調査されていないみたいですが、だいたいの形が示されていました。

a6aa3bbd

大庭鶏塚古墳

二子塚古墳の西側にある、大庭鶏塚古墳です。一辺が約42mという、大型の方墳です。

00d62460

こちらは葺石の存在が確認されていたりで、5世紀代の古墳と見られるようです。

0884059b

南側と西側に造出しを持ちます。墳丘はよく残っていて、見学しやすかったです。

1269e48e

山代方墳

一辺約45mの大型方墳です。
石室については、以前の記事をご覧ください。


石室の内部に入るのは…今思い返しても無理だと思います。いつもなら、「やっぱり無理してでもチャレンジしておけばよかったなー」と後悔する場合が多いんですが。あの閉塞石が欠けてできた穴は、たぶん東大寺大仏殿の柱に開いている大仏の鼻の穴くらいの大きさの穴より、さらに小さいと思います。
東大寺なら人通りが多いから、もし途中で抜けなくなっても助けを呼べそうですけど、これは発見してもらえるまで時間がかかりそうですし…

周濠がはっきり判る感じに残っています。

d6a40959


初出:「山代二子塚」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51811551.html 2010年04月19日