二年も前(2008年)の写真ですみません。あたため続けたからといって、どうにかなるというわけでもないのに放置が過ぎますね。
西谷墳墓群は6基の四隅突出型墳丘墓が有名な墳墓群です。弥生時代後期から古墳時代前期にまたがって築かれたため、古墳群とはいわないんですね。出雲平野の王の奥津城です。
「出雲弥生の森」という公園として整備が進められているので、今行けばもっと見学しやすくなっていると思います。

86321e37

所在地は島根県出雲市大津町。平成12年には国の史跡に指定されています。
位置的には、斐伊川の西岸にあり、川をくだれば現在は消滅した神門水海へ出ることのできる場所です。貼石には、上流の高瀬山の石が多く使われていて、この水系における被葬者たちの影響力がうかがえるようです。

隣りが出雲商業高校なんですが、こんな注意書きがあって恐いです。
飛び込んでくるボールに対して、どう注意したらいいんでしょう。避けたり受けとめたりしろってことでしょうか…

9ab6bab8

まず奇麗に整備された3号墓が圧巻。離れたところからでも、存在感がありますね。

8641bb9a

3fd69ba9

突出部も含めて、約55m×40mの規模だそうです。
こんな感じに、突き出してるのがよくわかるように復元されています。

13dbdd84

墳丘にのぼると、ふたつの主体部の位置もわかるようになっていました。
墓上の祭祀と関係するらしい、柱の位置も同様です。

51abc2a9

そして西谷2号墓。
こっちは発掘してから埋め戻して、そのまま雑草が生えてきた感じでした。約50m×35mの規模だそうです。
3号墓の上から見ると、なんとなく四隅突出型だったのかな…?というのがわかります。

aa8adae7

3号墓の南にあるのが4号墓です。
これも四隅突出型墳丘墓で、約45m×45mの規模があるそうです。

a359c59f

4号墓の南隣りが5号墓。
長辺約22m、短辺約17mほどで、こちらは突出部は確認されていないようです。

cdb90014

西谷6号墳は崖っぷちの墳丘墓です。南側が、半分くらい無くなってしまっています。
広域農道を作るときに削られたんでしょうか。それとも、以前から崩壊が進んでいたんでしょうか…

9ca39549

近くの三谷神社の建っている場所が西谷9号墳で、四隅突出型墳丘墓としては全国最大の規模だそうです。見学してくればよかったですね。
9号墳だと、卑弥呼の時代にかかってくる感じでしょうか。


初出:「西谷墳墓群」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51809781.html 2010年04月14日