2009年2月16日は那須へ足を延ばしてきたのです。さすがにちょっと遠かったです。
栃木県の那須地域は、国造本紀などによると、古代には国造が置かれたことが知られます。

下侍塚古墳

栃木県大田原市湯津上の、侍塚古墳群です。なす風土記の丘資料館の湯津上館に車を置いて見学。資料館ももちろん見学しました。

まずは下侍塚古墳です。

c6c39179

墳長84mの前方後方墳。後方部幅は48mあるそうです。
東日本では、古墳時代前期の首長墳が前方後方墳である場合が多いです。中期に入ると前方後円墳になぜかシフトしていくことになります。
ここもそのひとつ…というか、その最も代表的な例ですね。
下写真は後方部上から前方部を見おろしたところです。結構高低差があって、前期古墳らしさが出ています。

8967c435

水戸光圀の命令で発掘が行われたことでも有名です。

c2963175


侍塚8号墳

下侍塚古墳のすぐ近くにある方墳。

6419b937

次の5号墳の上から撮った、下侍塚古墳(右側)と8号墳(左側)です。大きさの違いがよくわかります。

bbed038e


侍塚5号墳

円墳の侍塚5号墳。

791a9337

侍塚6号墳

同じく円墳の侍塚6号墳。

c05f957f


侍塚7号墳

円墳。このすぐ後ろが那珂川の河川敷になります。

da03d7af


侍塚1号墳

前方後円墳。

15a6eee8

前方部が一部削り取られてしまっているのが惜しいです。

9a255b7b


侍塚4号墳

墳丘上に小さな石祠が祀られてますね。すぐ隣りに3号墳もあるんですが、藪の中で撮影してもよくわからない感じでした。

cfd9e316


侍塚2号墳

直径22mほどの円墳です。

62322d33

10基の古墳があったとされている古墳群ですが、現存は8基。2基が田畑を作るために消滅しています。
1号墳からは円筒埴輪が、5号墳からは円筒埴輪・形象埴輪・土師器などが出土しているそうで、下侍塚古墳が4世紀末くらいに築かれた後、ぽつぽつとかなりの長期間に渡って造営が続けられたようですね。



那須国造碑

779d3865

上は侍塚古墳群のすぐ北にある、笠石神社の社殿です。
笠石とは、日本三古碑のひとつともいわれる、那須国造碑のことです。国宝指定された文化財ですが、この中に御神体として祀られています。 そんなわけで、実物は見ることができません。

永昌元年己丑四月飛鳥浄御原大宮那須国造
追大壹那須直韋提評督被賜歳次庚子年正月
二壬子日辰節◆故意斯麻呂等立碑銘偲云尓
仰惟殞公広氏尊胤国家棟梁一世之中重被貳
照一命之期連見再甦砕骨挑髄豈報前恩是以
曽子之家无有嬌子仲尼之門无有罵者行孝之
子不改其語銘夏尭心澄神照乹六月童子意香
助坤作徒之大合言喩字故無翼長飛无根更固

というような字が大体彫られているらしいです。◆は「みまかる」の異体字なのかな?
本物は見られませんが、風土記の丘資料館には原寸大レプリカが置いてあります。ちなみに模造品のくせに撮影不可です。なんのためのレプリカなのか…。
那須国造だった那須直の韋提という人物が亡くなった後に、後継者たちが彼を讃えて作った碑です。韋提が持統朝(689年)に追大壱の位を授かり、評督の官職に任じられたことが見えます。

系譜説明として「殞公(亡くなった韋提)は広氏の尊胤にして…」とあるのが気になります。国造本紀によると、那須国造氏は建沼河命の孫の大臣命を始祖とするとあり、阿倍臣の同族を称していたことになります。つまり渡来系の広氏を出自とする碑の内容とは大きな齟齬があるのです。
国造本紀の原資料を、大宝の国造記とするならなおさらです。韋提の息子か近親者らしい意斯麻呂という人の名前が見えてますが、まさにこの人たちが上京して述べた祖先伝承が国造記に採録されたはずだからです。
渡来系氏族が地方の有力豪族と同族化し、その系譜に食いこんでいく様子が垣間見えるとでもいうべきでしょうか。
それとも、国造を輩出する集団が複数あり、韋提の一族は国造本紀に採用されなかったのでしょうか?



上侍塚古墳

上侍塚古墳も見てきました。下侍塚古墳から、500~600mくらい南に位置します。ともに、国の史跡に指定されています。

32f0e4bd

こちらも徳川光圀が発掘させた古墳。
作業にあたったのは地元の人たちなんですが、黄門様の指示を細かく伝えたり、現地にたびたび訪れて進捗具合を見たりしたのは、佐々介三郎…「助さん」のモデルになった人だそうです。資料館に手紙がいくつか展示されてました。
光圀は那須国造碑の存在を知り、その内容と関係する物が出土することを期待して発掘させたんですね。出土品を記録を取った後、箱に入れて埋め戻したり、墳丘が流出しないよう松の木を植えさせたり、学術調査や遺跡保存の先駆ともいわれます。



上侍塚北古墳

上侍塚古墳のすぐ北にあるので上侍塚北古墳。全長49mくらいの中規模古墳ですが、やはり前方後方墳だそうです。

49c1532f


銭室塚古墳

下侍塚古墳から北へ1.5キロほど、那珂川を挟んだところにある、銭室塚古墳です。急に後期古墳です。

c18d3134

墳丘の上に一本だけ木が生えていて、小さな石祠も乗っている…格好いい見た目の古墳ですネ。
南側に横穴式石室が開口しています。入り口は狭いですけど、腹ばいになればそんなに難しくなく入ることができます。

b63594da

a782ae72

40ba0004

内部もなかなか格好いい。
葺石もいっぱい残っています。

975a7555


この後、なす風土記の丘資料館の小川館へ行きました。那須郡衙遺跡の隣りにあります。
湯津川館と違って賑わってました。奈良時代より古墳時代のほうが不人気なんてあるんでしょうか…。

初出:「那須と古墳」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51617398.html 2009年02月17日