大田別ノート

物部厨どもが夢、それとも幻。

高向神社

福井県坂井市丸岡町高田の高向神社。参拝は去年(2009年)のゴールデンウィークでした。
延喜式神名帳の越前国坂井郡に、同名の神社があり、その比定社とされています。

2d818311

書紀に、継体天皇は幼少のころに父の彦主人王を亡くし、母の振媛は故郷である当地に戻り、天皇を育てたとあります。
そのときの振媛の言葉とされるもののなかに、
「余、高向に帰寧ひがてらに、天皇を奉養らむ」
とあり、高向の注として「越前国の邑の名なり」とあります。
和名抄にみえる、越前国坂井郡「高向郷」がこの一帯にあてられています。

3ded15a4

そんなわけで、祭神は振媛と応神天皇です。
継体天皇は応神天皇の五世孫という触れ込みで即位しましたからね。

振媛の出自については垂仁天皇の七世孫と、書紀は少しぼかしてありますが、古事記に石衝別王の後裔とある三尾氏が有力視されています。釈日本紀に引く上宮紀の系譜で、振媛(布利比弥)が伊波都久和希の子孫とされているからです。

ここ丸岡・松岡地域は、古墳時代前期から後期まで、断絶することなく有力な規模の古墳が継続して営まれた場所で、振媛は北陸随一の名族のお姫様だったと考えられます。

cb7bc41c

神社はこじんまりとして周囲を田畑に囲まれた小さな集落のなかにあります。常駐の神職の方もいらっしゃらない、普通の神社です。

境内の由緒書には、「武内宿祢六世の孫高向氏」に縁故の地で、振媛もその氏の出だとありました。
高向氏は新撰姓氏録の右京皇別上にある高向朝臣のことと思われます。
「石川同氏。武内宿祢六世孫猪子臣之後也。」とあって、たぶんこれに発想を得て書かれた由緒なのでしょう。猪子臣は舒明即位前紀にみえる高向臣宇摩の父ともいわれるそうで、氏は天武十三年に臣姓から朝臣姓になっています。
本拠地には、河内国錦部郡の高向(河内長野市高向)をあてるのが通説のようです。
蘇我氏からの分岐は稲目と同時代とする見解もあるようですが、いずれにせよ六世紀のことで、振媛をこの氏と関係させるのは難しいようです。

c647b30f

同じ由緒書に、振媛は彦主人王との間に三児をもうけたと書かれていたのがちょっと気になります。
男大迹王は第一皇子だそうなので、ふたりの弟か妹がいたことになってるんでしょうね。小さい子が三人もだなんて、振媛かわいそうです。
でもどうしてこんな設定にされてしまったんでしょうね。

特に遺構が出てきたわけではないようなんですが、「高向の宮跡」は町指定の史跡になっているそうです。
こうやって貴重な伝承を守ろうというのですね。

50903c49

案内板は上の古いものと、下写真の新しいものとで二つありました。

7069caed

振媛想像図が描かれています。
初投稿時、「かなり上手い絵で素敵」と感想したら、歴史イラストレーターの早川和子氏によるものだという情報をいただきました。なるほど納得。

c05c6248

飛鳥むかしむかし 飛鳥誕生編 (朝日選書)
早川和子
朝日新聞出版
2016-08-10



初出:「高向神社」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51838221.html 2010年07月06日

北条塚古墳

千葉県香取郡多古町東松崎にある、北条塚古墳です。
2006年の秋に撮ったものだと思います。
下写真は右手に垣がちょっと入ってますが、松崎神社の真裏にあります。というより、古墳を意識して神社も建ったんでしょうね。
くびれ部のあたりです。

7e733e94

後円部の上から前方部のほうを見ると、こんな感じ。
北条塚3号墳、東松崎2号墳とも呼ばれているので、近くに一緒に群をなす古墳があったはずなんですが、よくわかりませんでした。
民家とか結構あったから、もう消滅してしまったのかしら。

b49cdd0a

前方部から後円部を見ると下写真のような感じ。
写真だと樹木が邪魔でよくわからないんですが、かなり良好に墳丘は残っているように見えました。神社の境内なのが幸いしたんでしょうね。

71ecaced

右手前が前方部、左奥が後円部。
これでようやく前方後円墳らしく見えますね。
墳長74m、後円部径36m、前方部幅45m。6世紀中葉ころの築造のようです。
御前鬼塚古墳に先行すると見られます。


こちら↓は北条塚古墳から南東に2kmくらいのところにある、たぶん土仏2号墳です。香取市小川にあります。

4f9b67d3

「たぶん」というのが怪しくてすみません。
『前方後円墳集成』の地図だと、1号墳と2号墳の前方後円墳2基が、南北に並んでいたんですよね。ところが現地へ行ってみると1基しか見つからなくて…
写真のとおり、夕暮れで少し暗くなってきてはいましたが、肉眼ではまだ暗いことが理由で見落とすような感じではなかったんです。
南側の崖と古墳の距離が近かったので、南側の土仏2号墳なのでは…と考えました。北には畑があったので、もしかしたら削平されてしまったのかもしれません。
墳長30m、後円部径21m、前方部幅20m。後期古墳の割に前方部が発達してますね。

その崖を作った川が近くにあります。栗山川の支流なのだそうです。
東に向かって遡って行くと、流域には旭市の鏑木古墳群があります。椿海との関係だけでなく、河川の流域との関係で別角度から考えられないか、と同流域の古墳も見てみました。
でも結構距離が離れてますし、同一の集団が築いたとは思えないですかね。



初出:「北条塚古墳」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51833544.html 2010年06月22日

酒折宮

山梨県甲府市酒折に鎮座する神社、酒折宮です。
参拝は2005年の夏だったと思います。買い換え前のデジカメで撮った画像なので…
ネタ切れしたら使おうと放置していたのが、ついに順番が巡ってきました。

983ff701

JR中央本線の酒折駅から徒歩だと近いです。
私はマイカーだったんですが、上の写真のとおり、一台分の幅の道が参道で、国道411号線(城東通り)からの入り口がわかりづらく、一端通りすぎてから、戻ってたどり着きました。

ヤマトタケル尊の東征伝承に登場することで有名。祭神ももちろん日本武尊です。
尊が
「新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる」
という問いかけの歌を詠んだものの、側近のものは誰も答えることができず、ただ御火焼老人(書紀では秉燭者)だけが、
「日日並べて 夜には九夜 日には十日を」
と返したとされ、連歌発祥の地ともいわれます。

5ff969b9

この御火焼老人について、静岡大学名誉教授の原秀三郎氏がユニークな解釈をされています。
物部氏の人物なのではないか、という説です。
書紀では大伴氏の祖、武日に靫部を賜ったことも見え、ここで行われていたのが東征における論功行賞と見られること、古事記に御火焼老人が任じられたとある「東国造」は東国全域を統括する重要ポストであり、通説のように身分の低い者が任じられるには不自然であることなどを述べられています。
詳しくは原先生の著書、『地域と王権の古代史学』に載っています。

地域と王権の古代史学
原 秀三郎
塙書房
2002-08-24


「老人」の表現が、殿様の側近に仕える守役や家老で使われる「じい」と同じようなものなのではないか、という見方が面白いです。

山梨県甲府市下曽根町の銚子塚古墳も、この御火焼老人(物部じい)に関係するとされていたので、立ち寄ってみたかったのですが、時間的に足りなくて行けませんでした。

9814c6c2

本殿を撮ろう…と思ったんですが、木に覆われていて全然撮れてませんね。

2ab9dcd0

背後の丘にある「シャトー酒折ワイナリー」のエントランスには、ヤマトタケルと御火焼老人のステンドグラスがあるそうです。


初出:「酒折宮」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51829241.html 2010年06月09日

山代二子塚古墳と大庭鶏塚古墳

「所縁の史跡」で6世紀中ごろから7世紀初頭あたりの出雲には、東西に有力な古墳があることを書いて、一方の出雲西部の古墳について紹介しました。


ここでは、対する出雲東部の首長墳をすこし載せておきます。

山代二子塚古墳

松江市山代町にあります。
6世紀中葉ころに築かれた前方後方墳で、墳長は約90mあるそうです。
これがだいたい今市大念寺古墳と同時期か、若干早いかくらいの時期の造営らしいです。

三枚の写真を合成してパノラマ風に…と思ったんですが、あからさまにズレてたりで失敗ですね。

9d9d96ba

古墳を西側から撮った写真。手前が前方部で、奥が後方部です。

2b13a790

墳丘の上に登って、後方部から前方部を見るとこんな感じです。
茶臼山を間近に望めるんですよね。立地的にも、山を意識したりしたのでしょうか。

6b4e5711

後方部側に、土層断面見学室という変わった施設が墳丘の一部を削り取って設けられています。主体部は調査されていないみたいですが、だいたいの形が示されていました。

a6aa3bbd

大庭鶏塚古墳

二子塚古墳の西側にある、大庭鶏塚古墳です。一辺が約42mという、大型の方墳です。

00d62460

こちらは葺石の存在が確認されていたりで、5世紀代の古墳と見られるようです。

0884059b

南側と西側に造出しを持ちます。墳丘はよく残っていて、見学しやすかったです。

1269e48e

山代方墳

一辺約45mの大型方墳です。
石室については、以前の記事をご覧ください。


石室の内部に入るのは…今思い返しても無理だと思います。いつもなら、「やっぱり無理してでもチャレンジしておけばよかったなー」と後悔する場合が多いんですが。あの閉塞石が欠けてできた穴は、たぶん東大寺大仏殿の柱に開いている大仏の鼻の穴くらいの大きさの穴より、さらに小さいと思います。
東大寺なら人通りが多いから、もし途中で抜けなくなっても助けを呼べそうですけど、これは発見してもらえるまで時間がかかりそうですし…

周濠がはっきり判る感じに残っています。

d6a40959


初出:「山代二子塚」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51811551.html 2010年04月19日

西谷墳墓群

二年も前(2008年)の写真ですみません。あたため続けたからといって、どうにかなるというわけでもないのに放置が過ぎますね。
西谷墳墓群は6基の四隅突出型墳丘墓が有名な墳墓群です。弥生時代後期から古墳時代前期にまたがって築かれたため、古墳群とはいわないんですね。出雲平野の王の奥津城です。
「出雲弥生の森」という公園として整備が進められているので、今行けばもっと見学しやすくなっていると思います。

86321e37

所在地は島根県出雲市大津町。平成12年には国の史跡に指定されています。
位置的には、斐伊川の西岸にあり、川をくだれば現在は消滅した神門水海へ出ることのできる場所です。貼石には、上流の高瀬山の石が多く使われていて、この水系における被葬者たちの影響力がうかがえるようです。

隣りが出雲商業高校なんですが、こんな注意書きがあって恐いです。
飛び込んでくるボールに対して、どう注意したらいいんでしょう。避けたり受けとめたりしろってことでしょうか…

9ab6bab8

まず奇麗に整備された3号墓が圧巻。離れたところからでも、存在感がありますね。

8641bb9a

3fd69ba9

突出部も含めて、約55m×40mの規模だそうです。
こんな感じに、突き出してるのがよくわかるように復元されています。

13dbdd84

墳丘にのぼると、ふたつの主体部の位置もわかるようになっていました。
墓上の祭祀と関係するらしい、柱の位置も同様です。

51abc2a9

そして西谷2号墓。
こっちは発掘してから埋め戻して、そのまま雑草が生えてきた感じでした。約50m×35mの規模だそうです。
3号墓の上から見ると、なんとなく四隅突出型だったのかな…?というのがわかります。

aa8adae7

3号墓の南にあるのが4号墓です。
これも四隅突出型墳丘墓で、約45m×45mの規模があるそうです。

a359c59f

4号墓の南隣りが5号墓。
長辺約22m、短辺約17mほどで、こちらは突出部は確認されていないようです。

cdb90014

西谷6号墳は崖っぷちの墳丘墓です。南側が、半分くらい無くなってしまっています。
広域農道を作るときに削られたんでしょうか。それとも、以前から崩壊が進んでいたんでしょうか…

9ca39549

近くの三谷神社の建っている場所が西谷9号墳で、四隅突出型墳丘墓としては全国最大の規模だそうです。見学してくればよかったですね。
9号墳だと、卑弥呼の時代にかかってくる感じでしょうか。


初出:「西谷墳墓群」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51809781.html 2010年04月14日
コメント
天璽瑞宝新着
LINEで更新通知を受け取る
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
おすすめな物部氏本

古代おもしろシチュエーション