大田別ノート

物部厨どもが夢、それとも幻。

聖徳太子と天智天皇の年齢栞

4cm×12cm程度の栞(しおり)印刷用ファイル(PDF)を作りました。何番煎じのアイディアだよ、と思われるでしょうか。まあ、自分で使おうと作ったものを公開しちゃおうということです。

聖徳太子と天智天皇が、それぞれ西暦何年・某大王の治世何年のとき、何歳だったかを一覧にした表です。

文字はちいさくなるので老眼の人には向きませんが、それでもいいという方は丈夫そうな紙を用意してプリントしてみてください。
印刷上手な方には、一枚の紙に片面聖徳太子、もう片面を天智天皇にするのがオススメです。
別に4cm×12cmにはこだわらんよ、という場合は、印刷設定のほうで拡大して、もう少し大きな栞にしてしまうのもいいですね。

この時代を舞台にした小説や、一般向け新書など、読書の際に役立てばうれしいです。






続きを読む

丹後風土記残欠

2003年8月から2007年3月まで本体サイト「天璽瑞宝」の資料ページに置いておいたものなんですが、こっちに復活させておこうと思います。
当時のものをそのままコピペしたので、特に再チェックとか手直しはしてません。不備があってもそのままですみません。

これも偽書(=奈良時代の風土記ではない)、という評価はひっくり返らないと思うのですが、書かれていることがすべて机上の創作だとも思えないんですよね。丹後の在地伝説などを反映している部分が、あるように見えます。
過大評価すると、神社の社伝で古代史復元とかの、よくある変な方向に行っちゃいますかね。そのあたりも怖くて、以前は引っ込めたんですけど、おもしろいものはおもしろいですから…

偽作の根拠として代表的なものをあげると、「高橋郷」「田造郷」の存在があります。
それぞれ、もっともらしい郷名(地名)の由来が書かれているのですが、実はこの地名、『和名抄』の特定の写本における誤記によるものなのです。偽作者は、誤記であることに気づかず、由来譚を創作してしまったのでしょう。
正しくは「椋橋郷」「田辺郷」であることは、善本である高山寺本『和名抄』や他の地名史料から明らかです。

また、「凡海郷」についての記述として、大宝元年三月の地震によって大規模な地盤沈下があり、広い範囲が海中に没したが、高い山の山頂のみが島として残ったというものがあります。
しかし、現代の地震学・地質学からは、このときの地震は、そのような地形の大変化をもたらすような規模ではなかったことが指摘されています。
地震自体は『続紀』にも載っていますから、『続紀』を見て付会したのでしょうね。『続紀』の記述は丹波で三日間の地震があった、ということだけです。郷ごと沈むような超巨大地震なら藤原京でも揺れを感じたはずですけれど、そうではなかったようです。
大宝元年から風土記編纂までの短期間に、この物語が創りだされるとは考え難く、やはり後世の偽作と見なければならないわけです。

まあ、こんなネタもあるんだね程度に。
天火明命の周辺に関しては、記・紀・旧事本紀だけでなく、籠神社社伝や但馬故事記との比較もいいかもしれませんね。

底本は永濱宇平編『丹後史料叢書』です。いつの間にか近代デジタルライブラリーでも公開されていました。



虫食い多すぎ?私もそう思います。

【追記:2022年】近代デジタルライブラリーは2016年5月に国立国会図書館デジタルコレクションと統合されました。
続きを読む

『上宮聖徳法王帝説』現代語訳


聖徳太子に関する最古のまとまった伝記資料と評価されているのが、『上宮聖徳法王帝説』です。
平安時代前期の成立と見られています。

少し気になっていたので、口語訳をこころみました。
「古代史獺祭」さんのテキストと、沖森卓也氏・佐藤信氏・矢嶋泉氏『上宮聖徳法王帝説 注釈と研究』の校訂をもとにしています。

いまひとつ明快な文章にならず、申し訳ないです。
それとは別に、用語がかなり難しくて、文章と関係無いところで意味がわからなくなりそうですね。人名や古代文献特有の用語、仏教用語については、上記の本や岩波文庫の『上宮聖徳法王帝説』の注をご覧になるといいかもしれません。これらの本は原文と訓読文、注釈だけで、現代語訳は載っていません。

上宮聖徳法王帝説―注釈と研究
信, 佐藤
吉川弘文館
2005-02-01


■は現存の写本で欠けているため訳せない文字。
節ごとの見出しももちろん原文にはありません。わかりやすいだろうということで、つけておきました。
[ ]は分注です。
( )は原文にはない注です。


1.聖徳太子のきょうだいたち


上宮聖徳法王帝説。

伊波礼池辺双槻宮(いわれいけのべのなみつきのみや)で天下を治めらられた橘豊日(たちばなのとよひ:用明)天皇が、庶妹の穴太部間人王(あなほべのはしひとのひめみこ)を娶って大后とし、お生みになった子は、厩戸豊聡耳聖徳法王(うまやどのとよとみみのしょうとくほうおう)、つぎに久米王(くめのみこ)、つぎに殖栗王(えくりのみこ)、つぎに茨田王(まんだのみこ)である。
また、天皇が蘇我伊奈米宿祢大臣(そがのいなめのすくねおおみ)の娘で、名は伊志支那郎女(いしきなのいらつめ)を娶ってお生みになった子は、多米王(ためのみこ)である。
また、天皇が葛木当麻倉首(かずらきのたぎまのくらのおびと)、名は比里古(ひりこ)の娘である伊比古郎女(いひこのいらつめ)を娶ってお生みになった子は、乎麻呂古王(おまろこのみこ)、つぎに須加弖古女王(すかてこのひめみこ)である。[この王女は、伊勢の神前に斎き奉って、三代の天皇の御世に至った。]
合わせて、聖王の兄弟姉妹は七人の皇子女がいらっしゃる。

kyoudai

続きを読む

花の窟


2011年8月に紀伊半島を一周してきたときの写真です。
三重県熊野市有馬町の、花窟(はなのいわや)神社。

7a72f59a

谷川健一編『日本の神々』には、地元漁民の話として「熊野灘の沖からは、神倉山山頂のゴトビキ岩と花の窟があたかも一対のように望まれ」なんて書かれていますが、結構距離があるので、海上の同じ場所から両者を見るのは難しいんじゃないかしら。実際に船の上から確認したわけじゃないので、無責任なことはいえませんが。

この日は熊野大花火大会で交通規制が敷かれて、熊野市駅前までバスが入れず大変でした。すごく混雑していました。
駅前のコインロッカーは当然すべて埋まっていたため、荷物は抱えて持っているしかなく、猛暑の中、駅から神社まで歩くのはキツかったです。

c0d2b5a0

722231ca

書紀の神代上第五段第五の一書に
「伊弉冉尊、火の神を生む時に、灼かれて神退去りましぬ。かれ、紀伊国熊野の有馬村に葬りまつる。土俗、この神の魂を祭るには、花の時にはまた花を以て祭る。また鼓吹幡旗を用て、歌ひ舞ひて祭る」
とある、伊弉冉尊を祀り弔う斎場にあてられるのが、この神社。
「巨石」信仰といわれることも多いですが、石や岩というよりも岩肌の崖といったほうがしっくりきます。本殿を持たず、この崖に向かって参拝します。

6be4ae87

f4020177
続きを読む

国神神社と椀貸山古墳

国神神社


babf74cb

福井県坂井市丸岡町石城戸町に鎮座する国神神社。延喜式神名帳の越前国坂井郡に、「国神神社」がみえます。
2009年のゴールデンウィークのときの写真です。
『式内社調査報告』を見ると、旧社地は現在の丸岡城の地にあり、城の築造によって現在地へ移転してきたという話が載っていました。丸岡城からは、150mほどの距離でしょうか。近いです。

12f0d44d

祭神は、椀子(まろこ)皇子。継体天皇が倭姫(三尾君堅の娘)との間にもうけた皇子と『日本書紀』にあり、三国公氏の祖とされます。
三国は越前国坂井郡一帯で、まさに当地の豪族の始祖ですね。
ほかに、継体天皇の母・振媛命と、継体天皇の五代前の先祖・応神天皇が配祀されます。

f647e0be

椀子皇子が祭神に比定されたのは、丸岡という地名が椀子に似ているためというのもあるようです。
社名が「国神」なので、本来は国津神か、もしくは国魂神を祀っていたのかもしれません。

大きくて特徴的な幹の木もありました。

8dbdd34c


椀貸山古墳

坂井市丸岡町坪江の椀貸山古墳です。
国神神社からは北へ4kmほど、もう少しであわら市に入るという場所です。現在は某社工場の敷地内になっており、門の外からでも、まるんとした後円部が見えます。

174e411e

横山古墳群を構成する一基。
墳丘全長42m、後円部径28mの前方後円墳で、前方部を北に向けています。周濠を持つといいますが、田地化や工業用地化を経て、今ではかつての面影はないようです。
二段築成の墳丘だそうですが、見た目にはよくわかりませんでした。

283e685e

主体部に片袖式の横穴式石室を持ち、後円部中央から西側のくびれ部に向かって開口していたらしいです。
今は埋め戻されて、石室内部を見ることはできません。奥壁に赤色顔料の塗られた、石屋形があるといいます。

65d58769

古墳の名称は、椀貸し伝説があることによります。石室内に土器が残っていて、それを見た人でもいたのでしょうか。
また、椀子皇子の墳墓とする説もあるようです。
三国氏ゆかりの地域の有力古墳であるだけでなく、時代的にも六世紀前半ころの築造で、皇子の世代をあてるに矛盾はないようです。

8cba55f1

継体天皇の母・振媛の出自を三尾氏にあてる説があります。そうすると、継体は母の一族から稚子媛(若比売)と倭媛のふたりを娶っていることになります。三尾氏には本拠地を越前とする説、近江とする説がありますが、いずれにせよ、継体にとって勢力の足元を固める婚姻ということになります。
倭媛との結婚も、尾張氏など他の地域の妻妾よりも早く、若いころのもので、椀子皇子も継体の皇子女たちのなかでは年長の部類に入るのかもしれません。

墳丘上の様子。

704a4b70


初出:「国神神社と椀貸山古墳」『天の神庫も樹梯のままに。』http://blog.livedoor.jp/kusitama/archives/51922014.html 2011年04月16日
コメント
天璽瑞宝新着
LINEで更新通知を受け取る
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
おすすめな物部氏本

古代おもしろシチュエーション